新知本大飯店

知本温泉(ちぽんおんせん)は1917年に台東原住民が発見され、そして、日本時代に露天温泉浴が開発された。1965年に、知本大飯店(知本ホテル)が初めでの温泉ホテルとして設立した。その後、新知本大飯店と呼ばれている。日本時代から今まで、たくさんの記憶が含まれ、日本ー台湾スタイルの温泉ホテルである。
新知本大飯店は各ゲストルームに温泉を提供している。露天お風呂は、メインのお風呂が三つ、山の隣にある。そして、個室お風呂はスイートの部屋にもっとプライベートで楽しめる。

關場所に関しては、台東空港から15キロ、知本電車駅から5キロである。